アリーナバトル攻略編

 
最終更新日時:
ここでは、アリーナバトルで勝つ為の対策や編成などについて説明する。

●アリーナバトル攻略メニュー

アリーナバトル説明編

アリーナバトルのデッキ解説や構築

ここから先は工事中です。

アリーナバトルのデッキ構築について

・スピオール型デッキの特徴と弱点
 ⇒攻撃特化型
 ⇒バランス型
 ⇒状態異常型
 ⇒カラフル型
 ⇒オススメキャラ

・パワーオール型(攻撃型)デッキの特徴と弱点
 ⇒バフ重ね型
 ⇒デバフ重ね型
 ⇒バフデバフ型
 ⇒オススメキャラ

・ガードオール型(防御型)デッキの特徴と弱点
 ⇒バフ重ね型
 ⇒デバフ重ね型
 ⇒バフデバフ型
 ⇒オススメキャラ

・ハイブリッド型(万能型)デッキの特徴と弱点
 ⇒オススメキャラ

・単色デッキの特徴と弱点
 ⇒オススメキャラ

・全対応デッキの特徴と弱点
 ⇒オススメキャラ

・参考デッキ(初心者向け)
・参考デッキ(ガチャ限定)
・参考デッキ(降臨限定)
・参考デッキ(ガチャ限定+降臨)
・参考デッキ(ランカーデッキ)
※評価項目はアリーナバトルにおける評価です。

●スピオール型デッキの特徴
■攻撃特化型:1ターンキルを狙う
攻撃特化のアタッカーを搭載し、一撃を狙うデッキタイプ。バトル開始時に味方の順番をスピオールで押し上げることで、強力な先行攻撃が可能となります。先行攻撃でバフデバフ要因やアタッカーを倒して数的有利を取れることが魅力です。回復ルーンではなく、属性ルーンと種族ルーンを組み合わせることでさらに火力が増します。○○の力、○○パワーのような「のうりょく」と組み合わせます。※極端にすばやさが低いベルフェゴールやキッドは順番を押し上げることはできません。

【弱点】先にスピオール、ガードオール、状態異常(こんらんのような目押しさせない効果)などを決められてしまうと非常に不利です。ぼうぎょやHPを捨てているため、自分のターンが来るころには全滅、または壊滅しています。単色デッキやバランス系のデッキと対戦した場合、こちらアタッカーの属性が不利になるとダメージが取れないので活かすことができません。※限定キャラを用いた上で、限界突破ができる場合は最強クラスのデッキパワーで弱点を覆すことができます。

■バランス型:分進合撃で各個撃破を狙う
2人で各個撃破を狙うデッキタイプ。バトル開始時に味方の順番をスピオールで押し上げた後に、2人で確実に相手アタッカーを潰します。1トップ攻撃特化の弱点である属性相性を、2人で補うことにより安定した立ち回りが可能となります。スパーダのような攻撃型キャラクターで且つ闇属性で火属性スキルを使えるキャラは(火の力)がいる場合はより活躍できます。また攻撃力以外のパラメータに振ることができるのも魅力です。

【弱点】先にスピオールを使われてしまうと、弱点属性攻撃ですぐに倒されてしまいます。さらにカラフル型であれば、たとえ先にスピオールで数的有利を作り出せても逆転するケースが多いです。また、スキルを2色以上持つことになるので、状態異常で片方が使えなくなってしまうと厳しい展開となります。

■状態異常型:相手の身動きを止めて各個撃破を狙う
バランス型の派生。開幕のスピオール後にこんらん、ねむり、あせり、スリップ、どくなどを入れて身動きを取れない状態にしてから、ガードオールで守りを固めます。基本は攻撃とすばやさを上げているバランス型の編成と近くなりますが、ぼうぎょが低いためガードオールを入れて、磐石な体制から各個撃破を狙います。マッドハッターのような基本攻撃に状態異常がかかっているキャラやスキルに状態異常がついているフィンブルや神馬疾走などが有効となります。

【弱点】先にスピオールを使われてしまうと、弱点属性攻撃ですぐに倒されてしまいます。また状態異常は確率であるため100%発動する補償がありません。もし決まらなかった場合は3人目でガードオールを入れたとしても、的確にスキルを使われる可能性が高いので耐久できません。

■カラフル型:全属性に大ダメージ弱点攻撃を狙う
バランス型の派生。開幕のスピオール後に予めルーレットをカラフル(火水木闇光)にしておいた攻撃型キャラで弱点攻撃を行うことで大ダメージを狙うことを可能にしたデッキ。主にルパンがスピオール+カラフルという状態であるため、このモンスターを主軸にしたデッキに多く採用された。作るためにはある程度の課金が必要となるが、見返りは大きい。作る場合はスキル革命祭で狙うのがオススメ。状態異常型のキャラクターをカラフルにすることで、さらに応用の幅が広がりスピオール型では最高峰のデッキとなる。

【弱点】先にスピオール(ry ※基本的にスピオール型デッキは、先にスピオールやガードオール、状態異常を入れられてしまうと逆転は容易ではない。

【スピオール型にオススメのキャラ】
モンスター名すばやさランク解説入手評価
ロイアB・神風を覚える。
・バランス型でパラメータが高い。
ガチャ7.0/10
ルビーB+・神風を覚える。
・バランス型でパラメータが高い。
・強力な火属性攻撃を覚える。
ガチャ7.5/10
シンデレラA・すばやさが高くスピオールを覚える。
・アンチスリープを持つ。
ガチャ8.0/10
アヌビスA・すばやさが高く冥府の風を覚える。
・ステータスのバランスがよい。
・アンチスリープを持つ。
ガチャ8.0/10
ルパンA+・すばやさが非常に高くスピオールを覚える。
・各色のスキルを覚える。
・入手しやすい
超降臨8.5/10
ストリボーグS・すばやさが非常に高くジェット気流を覚える。
・すばやさ属性の攻撃を覚える。
・木属性限定ガチャで入手困難
ガチャ9.0/10
リヴァイS・すばやさが非常に高くスピオールを覚える。
・強力な闇属性攻撃を覚える。
・こうげきが高い。
・コラボキャラのため入手困難
コラボ9.0/10
アラジンS+・すばやさが非常に高く神風を覚える。
・強力な火属性攻撃を覚える。
・こうげきが高い。
ガチャ9.0/10
パキラS+・すばやさが非常に高く神風を覚える。
・すばやさ以外が非常に低い。
ガチャ9.0/10
※限界突破の数や性格によってすばやさは異なります。限界突破していない場合はガチャキャラよりもLIMITルパンの方がすばやさは上位です。また、同じキャラでも「性格:あわてんぼう」「努力値MAX」「転生限界」に到達しているキャラが上位となります。

●パワーオール型(攻撃型)デッキの特徴と弱点
■バフ重ね型:バフ重ねて1ターンキルを狙う
パワーオールを2度掛けをすることにより、アタッカーの攻撃力を極限まで高めてワンショットするデッキタイプです。主に、オーロラ、ダークテスラ、ドリームなどの高威力全体攻撃を持つキャラクターがアタッカーとして採用されます。中でもベルフェゴールは超降臨なので入手しやすく、ドリームを覚えるため順番が来るまで耐久することができればほぼ確実に決めることが可能です。ベルフェゴールはすばやさが無い代わりに単体スキルが強力で攻撃・HP・防御が高いのでランカー御用達キャラクターです。

【弱点】スピオール型のデッキや基本スピードが速いバランス型と対戦したときはアタッカーが真っ先に潰されてしまいます。パワオが入っている1~2人で対抗する必要がありますが、ここで倒せない場合は逆転できません。他に、相手の耐久力が非常に高く、ワンショットができなかった場合なども反撃で壊滅する可能性があります。

■デバフ重ね型:デバフ重ねてダメージ調整と1ターンキルを狙う
パワーオールとは異なり、相手の防御を下げるデバフの「砕」「なぎ払い」「大天使の賛歌」などは相手にダメージを与える効果がついています。この微量なダメージ調整を行うことで、本来はHPがMAXだと一撃で倒せない相手や中途半端に攻撃して大回復のルーンが起動してしまう場面を回避することができます。3人目のアタッカー次第でバフ2度掛けかデバフ2度掛けかを選択します。

【弱点】スピオール型と対戦した場合、デバフ役かアタッカーを先に潰されてしまい攻撃できなくなります。自分の攻撃力が上がっているわけではないので、バフ重ね型と比べて復旧はほぼ不可能となります。

■バフデバフ型:バフデバフの両搭載で1ターンキルを狙う
主に全てのデッキタイプに対応可能です。なぎ払いや大天使の賛歌などの全体デバフが登場したことにより、より壊滅できなダメージをたたき出すことに特化した構築となります。このデッキはキャラ1体1体のスペックが非常に求められ、さらにバフデバフを持つという条件に当てはまるキャラクターを限界突破で用意しなければなりません。弱点であるスピオール型でも先頭のアリスに状態異常を持たせることで、スピオールを潰すことができるので非常に強力です。そのため廃課金者専用のデッキとなります。※全体バフにプラス要素として単体デバフをいれるのがよいです。

【弱点】アリスの次に行動するキャラが相手のスピオールの場合、状態異常が入らないと非常に厳しい展開となります。ガドオ型も苦手としますが、スピオールの対応と同様にアリスでガドオ役に状態異常が入るか否かがポイントとなります。もっとも厳しいのが基本のすばやさを捨ててHP、防御、攻撃に振り切ったベルフェゴール・キッド・アヌビスなどで構成されたカラフルデッキです。こちらのターン中に倒せず相手にターンが回った場合は、まず勝つことができません。

構築サンプル1:アリス(パワーオール)、スサノオ、ラファエル(なぎ払い、大天使の賛歌)、メタトロン、クイーン(ダークテスラ、レッドノヴァ)※バフデバフ後に全体攻撃で1ターンキルを狙います。

構築サンプル2:アリス(パワーオール)、スサノオ、ラファエル(なぎ払い、大天使の賛歌)、アヌビス(冥府)※冥府の風で2回攻撃を狙います。スサノオやアヌビスは耐久が可能なので、耐久しやすいようにHPや防御に努力値を回します。

※スピオール型と対峙したときは、カラフルスサノオでスピオール係を処理してからメタトロンのパワオかクイーンのガドオにつなぐ運用が強力です。アヌビス採用の場合、相手が2回攻撃を嫌ってスピオールなどを使った場合は、冥府を使わずに攻撃を行います。

【パワーオール型にオススメのキャラ】
モンスター名すばやさランク解説入手評価
ヤマC・パワーオールを覚える。
・光属性の攻撃スキルを持つことができる。
ガチャ7.0/10
サマー・ヤマB+・パワーオールを覚える。
・降臨の中でもすばやさが高い。
ガチャ8.0/10
ヤマタノオロチB+・パワーオールを覚える。・初ターンのダメージカットが強力
・確実にパワーオールを仕込むことができる。
革命級8.5/10
シンドバットA+・パワーオールを覚える。
・攻撃スキルが優秀で攻撃と支援を両立できる。
・水属性では貴重なパワーオールですばやさが高い
ガチャ9.0/10
メタトロンS+・パワーオールを覚える。
・すばやさとこうげきが非常に高い。
・ダークテスラで一撃が狙える。
・闇属性限定ガチャで入手困難
ガチャ9.5/10
タカマガハラS+・パワーオールを覚える。
・こうげき以外が非常に高い。
・強力な火属性攻撃を覚える。
・火属性限定ガチャで入手困難
ガチャ9.5/10
アリスSS・パワーオールを覚える。
・すばやさが極端に高い。
・ドリームを持つので攻撃も可能。
ガチャ10/10
※限界突破の数や性格によってすばやさは異なります。同じキャラでも「性格:あわてんぼう」「努力値MAX」「転生限界」に到達しているキャラが上位となります。

●ガードオール型(防御型)デッキの特徴と弱点
■バフ重ね型:防御バフを重ねて鉄壁を狙う

■デバフ重ね型:相手アタッカーの攻撃力を下げて無力化を狙う

■バフデバフ型:防御バフと攻撃デバフで超耐久を狙う

【ガードオール型にオススメのキャラ】
モンスター名すばやさランク解説入手評価

●ハイブリッド型(万能型)デッキの特徴と弱点
■攻撃型ハイブリッド(スピオール×パワーオール)
パワーオール役をアリスにすることでスピオール型よりも早く行動することが可能です。そして2番手にスピオールと攻撃を兼任するキャラを搭載することで、相手のデッキ合わせて動くことを可能とします。主に対スピオール型やバランス型に対抗できます。スピオールの必要がなければそのまま攻撃を行います。

構成サンプル:アリス(パワオ)、ルパン(スピオ+攻撃)、マッドハッター(状態異常+攻撃)など

■防御型ハイブリッド(ガードオール×パワーオール)
パワーオール役をアリスにすることでスピオール型よりも早く行動することが可能です。そして2番手にガードオールと攻撃を兼任するキャラを搭載することで、相手のデッキ合わせて動くことを可能とします。対スピオール型やバランス型に対抗できます。ガードオールの必要がなければそのまま攻撃を行います。

構成サンプル:アリス(パワオ)、クイーン(ガドオ+攻撃)、ベルフェゴール(攻撃)など

■バランス型ハイブリッド(ガードオール×スピオール)
ガードオール役をアルカディアやフレイヤにすることにより、スピオール型よりも早く行動することが可能です。そして2番手にスピオールをいれることで盤面を磐石にします。1番をスピオールにして、2番をガードオールでも問題ありません。スピオールの必要がなければそのまま攻撃を行います。3番目のアタッカーは、強力な全体攻撃を持つキャラか攻撃力の高いカラフルを採用します。3番目をガードオールにすることにより、さらに対応力を底上げすることが可能です。

構成サンプル1:アルカディア(大地の加護)、ルパン(スピオ+攻撃)、マッドハッター(状態異常+攻撃)
構成サンプル2:アラジン(神風)、アルカディア(大地の加護)、ベルフェゴール(攻撃)
構成サンプル3:アルカディア(大地の加護)、アヌビス(スピオ+攻撃)、クイーン(ガドオ+攻撃)

【ハイブリッド型にオススメのキャラ】
モンスター名すばやさランク解説入手評価


アリーナバトルのデッキ傾向

※最終使用デッキを参照しています。

デッキタイプは大きく分けて「耐久をメインとするデッキ」「ルーレットをカラフルにした全対応デッキ」「すばやさをコントロールして戦う瞬発力デッキ」が多いようだ。

特にすばやさをコントロールするデッキとカラフルは流行しているようで、5位以下のデッキにも多く採用されている。
すばやさコントロールの多くは「スピオール」「冥府の風」「神風」が多く、そのスキルを持っているモンスターのすばやさが非常に早い。
また、すばやさに努力値を極振りして、先手でパワーオールや砕から全体攻撃or各個撃破で数的有利を作る価値パターンも用意されているようだ。
倒せない場合を想定して、ガードオールを持つクイーンを選択しているユーザーも多い。

今まで使われることの無かったモンスターを採用しているユーザーも多くいる。
夏赤ずきんは火と闇で火力が出すことができる上、ぼうぎょダウンを行うことができる。
シンデレラはスピオールを持っており、すばやさが非常に高い。
コウメイは火水木のスキルが強力。
オーロラは専用スキル「オーロラ」を持ち、ドリームのベルフェと組み合わせると非常に強力。
ルパンは全色スキルを持っているので使い勝手がいいなど、まだまだ可能性があるモンスターはいると考えられる。

即死を想定して、回復ルーンをつけずに攻撃力を上げるルーンをつけているユーザーもでてきている。
今後追加されるモンスターや種族効果、ルーンには要注目。

参考:第1回の全体的な傾向

※個人的な感想です。

開催期間後半になるにつれて、一度の時間帯に同じ人に数回当たる様なことが増えていった。
また、マッチングまでの時間も長くなっていった=やる人が減って行った。

アリーナブースターというアイテムの存在により、課金してのブースター使用と単純な戦闘回数によっていくらでも上位に食い込む可能性があった。
また単純過ぎるポイント制であるが故に、期間も残り少なくなった後半は時間効率重視の対戦が多発。
相手の棄権を誘うために、操作放置、攻撃せずに延々状態異常付与を繰り返すなどの方法を取るプレイヤーが散見。
(当時の算出方法では、倒してしまうと相手の獲得ポイントは1ポイント。棄権させた方が相手の獲得ポイントが0になる為、ポイント差が少ない順位帯では、倒すより棄権させた方が有利になる場合もある)
ベリーなどの、所謂「勝たせてあげる編成」で臨むプレイヤーも増えて行った印象。

それらも戦略の1つという捉え方もあるだろうが、元々の売りであったはずの「お互いの実力を競う真剣勝負」という点が、全く生かされていない対戦モードとなってしまっていた。
元々ガチモードとして実装を目指してきたものであるはずが、とても公正とは思えないポイント算出方式だった。

このページをシェアしよう!

メニュー  
★モンドラ攻略Wiki(非公式)★

攻略・データベース

攻略TIPS(初心者必見)

クエスト攻略

キャラクター»評価

▼リセマラオススメ評価
▼ガチャキャラクター評価
▼降臨キャラクター評価
▼全キャラクター評価

対 戦

▼初心者向け
▼限定スキルとルーンを狙え
左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
[王墓の監視者メジェド]
第2回人気キャラクター投票[ガチャ]
初心者が知っておくと便利な事まとめ
4 超絶級のススメ
5 [紅孩児]
6 努力値のススメ
7 [聖夜のシンデレラ]
8 [メモリアルドラゴンシャルル]
9 [直射角行角馬]
10 全キャラ評価一覧
最近の更新

2017/12/02 (土) 22:47

2017/05/02 (火) 01:50

2017/05/01 (月) 23:54

2017/05/01 (月) 23:52

2017/04/12 (水) 18:25

2017/04/03 (月) 19:08

2017/03/09 (木) 15:51

2017/03/08 (水) 19:47

2017/02/20 (月) 09:37

2017/02/20 (月) 09:34

2017/02/18 (土) 20:20

2017/02/17 (金) 13:56

2017/02/17 (金) 13:55

2017/02/17 (金) 13:53

2017/02/17 (金) 13:49

2017/02/17 (金) 13:47

2017/02/17 (金) 13:41

2017/02/17 (金) 13:37

新規作成

2017/02/17 (金) 13:34

2017/02/17 (金) 13:31

2017/02/17 (金) 13:29

2017/02/17 (金) 13:26

2017/02/17 (金) 13:19

2017/02/17 (金) 12:58

2017/02/17 (金) 12:08

2017/02/17 (金) 12:02

2017/02/17 (金) 11:45

2017/02/17 (金) 11:41

注目記事
NEWSに恋して 加藤シゲアキ攻略ルート NEWSに恋して
ドッカンバトル LRバーダックの評価 ドッカンバトル攻略Wiki
テリアサーガ リセマラ当たりランキング テリサガ攻略wiki
オルレコ リセマラ当たりランキング オルレコ攻略wiki
ページ編集 トップへ